ドゥオーモ博物館

ホーム / monumento / ドゥオーモ博物館

博物館は、サンティプロスドシモとドナトの教区教会とその地域の他の教会の芸術的な宝物を保護し、強化し、知らせることを目的として、1986年から発展を始めました。
美術館内に保管されている作品は、絵画、彫刻、応用美術など、さまざまな性質のものです。それらの芸術的または歴史的価値のすべての基本。まず第一に、ヤコポ・バッサーノによる1537年の傑作である壮大な「エマオの晩餐」と、15世紀の終わりからアンドレア・ダ・ムラノに帰された「死せるキリストに対する嘆き」。訪問者を歓迎する入り口には、1300年から1400年までさかのぼるサンタントニオ・アバテの古代像があり、城壁に囲まれた街で最初の神聖な建物が誰に捧げられたかがわかります。以下は、コミュニティの歴史と信仰を私たちに教えてくれる絵画、彫像、神聖な物、典礼服です。

Altri monumenti

Questo sito usa usa i cookie per fornirti una esperienza migliore. Continuando navigare nel sito accetti il loro utilizzo. more information

Questo sito utilizza i cookie per fornire la migliore esperienza di navigazione possibile. Continuando a utilizzare questo sito senza modificare le impostazioni dei cookie o cliccando su "Accetta" permetti il loro utilizzo.

Chiudi