チッタデッラ大聖堂

ホーム / monumento / チッタデッラ大聖堂

チッタデッラ大聖堂は、パドヴァのプラトデッラヴァッレの設計でも知られるドメニコセラトを含む3人の建築家によって1774年から1826年の間に建てられました。
大聖堂の古代の部分では、ヤコポ・バッサーノによるフレスコ画のサイクルの一部を含む、中世とルネッサンスのフレスコ画を鑑賞することができます。
中央の祭壇には、チッタデッラのミケーレ・ファノーリによる「ベアタ・ヴェロニカ・ジュリアーニが聖痕を受け取る」や、1611年に甥のヤコポ・アポロニオが制作した「聖人リタ、バティスタ、ロレンツォのベルトのマドンナ」など、さまざまな時代の絵画が収められています。ヤコポバッサーノの。

ピエロボンスクエア
9〜12 / 15:30〜18:30

Altri monumenti

Questo sito usa usa i cookie per fornirti una esperienza migliore. Continuando navigare nel sito accetti il loro utilizzo. more information

Questo sito utilizza i cookie per fornire la migliore esperienza di navigazione possibile. Continuando a utilizzare questo sito senza modificare le impostazioni dei cookie o cliccando su "Accetta" permetti il loro utilizzo.

Chiudi